<< MASATO SATO ILLUSTRATION EXHIBITION 2020開催! | main | 久しぶりの美術館 >>

道北巡りの旅

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

いよいよ来週からは大学も専門学校も対面授業が本格的に始まる。

 

久しぶりの対面授業でやっと遠隔授業ともおさらばかと思いきや

 

大学では中国などの留学生達もおり、まだ日本入国が出来なくて

 

8月までは遠隔授業を並行してやらなければならないようだ。

 

 

それに教育大の集中講義も前期は対面授業は無く遠隔授業になりそうで

 

まだ暫くは遠隔授業も続きそうだ、、、。

 

 

 

今日は6月のここ最近の出来事をアップして行こう。

 

6月6日

 

遠隔授業も慣れてきたが、それでもやっぱり孤独感を感じながらの授業は疲れ気味。

 

いよいよ来週からの対面授業が楽しみだ。

 

大学からフェイスシールドももらったが、自分でも何かいいの作ってみようか。

 

 

 

 

 

 

今日からは3日間道北への出張だ。

 

高速で遠軽まで向かい紋別、雄武を通り今日は枝幸町まで。

 

明日からオホーツク海側の浜頓別、中頓別から音威子府を抜けて日本海側の遠軽、

 

羽幌、苫前へ。

 

明後日は苫前から士別、剣淵へと。

 

久し振りの長距離、、、腰が痛くなりそう。

 

それに札幌からの移動は気になるところだが、でも楽しい時間を過ごして来よう。

 

 

 

 

 

 

 

6月8日

 

土曜日から仕事で出掛けていた道北巡り。

 

ずっと曇天模様だったが浜頓別に着いた時だけは晴れ模様でオホーツク海や

 

クッチャロ湖も清々しい景色だった。

 

 

 

 

 

でもやっぱりこっちは気温が低い。

 

オホーツク海から日本海に抜けてオロロン街道を南下、利尻島は霞の中だったが

 

天売、焼尻島は見えた。

 

苫前町から内陸へ入り士別、剣淵へ。

 

8月の絵本の館での展覧会やイベントの話し合いも済ませて帰路へ。

 

何処のホテルも利用者は数名のようだったが、コロナ対策はしっかりしていた。

 

高速や道路も車は少なく走りやすかったが流石の長距離で肩が凝った;;

 

 

 

 

 

6月9日

 

先日の道北巡りでは取材先ではなかったが幌延町のトナカイ牧場や士別市の

 

羊と雲の丘へも寄って来て動物達と会って来た。

 

豊富など道北では牛達は飽きる程見る事は出来るが、トナカイや羊は新鮮。

 

トナカイは雄雌両方角は生えるがツノを間近で見るといろいろな形があって面白い。

 

この春に生まれた子トナカイも元気で育っていた。

 

トナカイは馴鹿(じゅんろく)とも言うが、でも和名のトナカイがアイヌ語だったこと

 

初めて知った、そうだったんだ;;;

 

 

綿毛のタンポポ群の中にはヤギも。

 

サフォークランド士別市には世界のめん羊館や羊と雲の丘・羊飼いの家があり、

 

ここの丘稜光景は綺麗だ。

 

2階のレストランでは羊肉の料理がいろいろ食べれるが、羊を見ながらの食事は

 

、、、、、、微妙かも。

 

でもここのなま肉のジンギスカンは最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月10日

 

枝幸町へ向かう途中に寄った滝上町。

 

例年なら5月から6月初旬は芝ざくらまつりが行われていて芝ざくら滝上公園も賑わうが、

 

今年は新型コロナの影響で祭りも中止、入園閉鎖で町もひっそりとしていた。

 

でも誰もいない公園を遠くから見ると芝桜はまだ綺麗に咲いているところもあり

 

入園できなくて残念ですね。

 

 

 

 

 

道の駅香りの里たきのうえやホテル渓谷は外壁を綺麗に塗装し直しており、

 

出来たばかりのように見える。

 

芝ざくら植栽60年記念事業のモザイクアートが設置されており、

 

近くに寄ると町のいろいろな様子の写真が使われていた。

 

来年は多くの観光客で賑わうといいですね。

 

また芝桜見に来たいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

6月11日

 

浜頓別から天塩へ横断して、そこからはオロロンラインを南下。

 

遠別漁港へ寄ると最新型の船揚施設が完成していた。

 

昔はレールに乗せて移動していたが今はこんなお洒落な大型機械ができており、

 

これから漁港の光景も変わりそう。

 

 

 

 

 

4月にオープンしたばかりの道の駅えんべつ富士見。

 

建築家伊達さんの設計で外観はシックだが中は木も使った明るい空間。

 

天井には果澄さんの天井画もある。

 

日曜日だったのでレストランなど利用している人も多かった。

 

時間も無かったので食べはしなかったが、今度来た時に何か食べてみようかな。

 

その後は苫前町へと向かった。

 

 

 

 

 

 

 

6月12日

 

道北巡りの最後に寄った剣淵町。

 

久しぶり剣淵神社にも寄ってお参りを。

 

コロナ終息や経済影響がひどくならないように、平穏な日常が取り戻せるように、、、。

 

境内にはツツジが綺麗に咲いていた。

 

 

 

 

 

 

鳥居から見る剣淵の町、ここは少し高台になっているのでここからの景色は

 

好きな景色です。

 

剣淵展で以前に描いた鳥居からの風景。

 

 

 

 

 

 

絵本の館に寄り8月に開催予定のカミシバイズム展についての打ち合わせ。

 

状況もまだ変わるかもしれないが、展覧会や紙芝居実演、ワークショップなど

 

感染予防を考えながら実施したいものです。

 

毎回1万個以上の木の玉を消毒するのは大変なので、館内の木の玉プールも

 

使用禁止中。

 

子供達も早くこのプールが使えるようになるといいな。

 

 

 

 

 

6月13日

 

大丸札幌店美術画廊で開催中の紅露はるか日本画展へ行き、紅露さんと話しをしながら

 

心地良いブルーを感じて来ました、16日まで。

 

 

 

 

FAbULOUSで開催中のさとう綾子展Flower、丁度スコールのような大雨にあたり

 

お店に逃げ込んだけどお店も混んでおり見るだけだったけど、

 

大きな花達からたくさんエネルギーを貰って来ました。

 

 

 

 

地下に潜って500m美術館では反骨の創造性がやっていた。

 

 

 

 

帰りにはカフェエスキスに寄るとカウンターに手作りフェンスが。

 

でも違和感なく昔からあったような感じ。

 

Ennui結成10周年記念展〜Imaginationが開催中でアルバムジャケットの

 

原画などを展示。

 

描かれたお父さんも丁度会場におり話しも出来たり、三谷ご兄弟も来て

 

これから生演奏だったが時間がなく帰宅、、。

 

でもアルバムを買って家で聴くことに。

 

次回は是非生演奏も聴いてみたいものだ。

 

 

 

 

イラストレーター佐藤正人の新しいホームページ

Masato Sato Illustpage

 https://illustpage-sato.jimdofree.com

 

イラスト散歩 in  Hokkaido

MASATO SATO ILLUSTPAGE

Masato Sato Facebook

masato Sato Instagram

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

at 19:39, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), -, - -

comment