<< カミシバイズム展inオマージュ2019開催中! | main | 10月から11月の日々出来事 >>

10月の最近の出来事

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

ここ最近またブログをサボり気味だったので、FBに載せた最近の記事を

 

アップしてみます。

 

 

 

10月4日

 

 

今日の北海道新聞夕刊に初日に取材に来ていただいた記事が載りました。

 

写真を結構大きくしてもらいインパクトありで、明日から見に来てくれる方が

 

増えるかな。残りも明日明後日となりますが是非ご覧ください!

 

6日日曜日4時からは紙芝居実演やクロージングパーティーもありますので、

 

会費千円ですが、そちらも是非ご参加ください!

 

 

 

 

 

 

今日、今月号のマリンバンクの広報誌が届いていた。

 

今、ししゃも漁で賑わっている鵡川漁港の風景です。

 

秋の夕焼け空が綺麗でした。

 

この時期にしか味わえないししゃも鮨も美味しいですよ!

 

先月号は上ノ国町の道の駅もんじゅからの海の風景。

 

上ノ国のコラムも書きました。

 

 

 

 

 

 

 

10月5日

 

今日はイラスト教室後、ギャラリー門馬で開催中のクスミエリカ個展へ。

 

迫力ある大きな作品も増えクスミワールドが益々広がっていた。

 

ANNEXでは黒川絵里奈切り絵展。

 

繊細な切り絵、立体やステンドグラスも面白かった。

 

クスミさんとも久しぶりに会えて良かったし、黒川さんとも初めてお会い出来た。

 

 

 

 

 

その後はぎゃらりぃはやしの秋の風色6人展へ。

 

教え子も参加しており会場狭しと楽しい作品群。

 

2階ではみよしあやな版画展。

 

 

 

 

そして交流プラザのプラザ・マルシェ2019の会場へ。

 

どれも欲しくなる品々がたくさんあり賑わっていた。

 

 

 

 

最後はCAI02のRUSH HOURに寄ってオマージュのカミシバイズム展会場へ。

 

色々なアートイベントも多く芸術の秋ですね。

 

明日の4時からの紙芝居実演&パーティーもありますので、

 

オマージュへのご来場お待ちしてます。

 

 

 

 

 

10月6日

 

今日はカフェ+ギャラリー・オマージュで開催中のカミシバイズム展の

 

クロージングパーティー&紙芝居実演の日でした。

 

 

川村シェフの美味しい料理と平島さん、シンジさんの楽しい紙芝居実演で、

 

沢山のお客さんにも来て頂き満員御礼で盛り上がりました。

 

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!

 

オマージュのお二人もありがとうございました。

 

メンバーの皆さん、お疲れ様でした。

 

また北海道紙芝居師の第一人者・桐越陽一さんも遊びに来て頂け光栄でした。

 

展覧会は明日の5時までですので、お見逃しなく!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月8日

 

昨日でカミシバイズム展も終了して、ご来場頂いた皆様、パーティご参加頂いた

 

皆様ありがとうございました。

 

また来年のカミシバイズムの活動もお楽しみに!

 

 

北海道イラストレーターズクラブアルファ会員作品集MY WORK31が

 

今月新刊されました。31日からは原画展もあるのでお楽しみに。

 

フリーペーパーのイララ16号も出来て市内各所で配布してます。

 

今回は歌人画人コーナーでも参加してます。

 

 

 

 

 

 

 

けんぶち絵本の里大賞も発表がありヨシタケさんが2度目の大賞。

 

2月の表彰式にはまた会えるのが楽しみです。

 

その剣淵町絵本の館で今月は第4回全国絵本ミュージアム会議が

 

開催されます。どんな会議なのか自分も出席して来ます。

 

 

 

 

 

 

10月10日

 

今日は雲もない秋晴れの日だった。

 

12日からは3日間道南へ出張だが、こんな日だったら嬉しいのと思いながらも、

 

週末の台風が心配。

 

 

 

 

今日しか時間も取れないので学校後はカフェ+ギャラリー・オマージュで

 

開催中の新さんのNEO(n).GINZA TOKYOへ。

 

彼女は数年前の教え子だったがデザイン会社で頑張っているようで、

 

作品も進化しているようだ。DMもお洒落。14日まで開催中です。

 

 

 

 

 

 

今回の函館へは1年ぶり、時間も無いので知り合い達とは会えないが、

 

函館から恵山までゆっくり回る予定だ。

 

台風の影響が気になるところだが、こればかりは行ってみないと分からない。

 

暴風でないことを願って行ってきます。

 

 

 

 

 

10月11日

 

イラストレーターの大先輩和田誠さんが今週7日に亡くなられた。

 

83歳だった。和田さんに影響を受けたイラストレーターはたくさんいるだろう。

 

若い頃は仕事でもよく和田さん風に描いてくださいと言う注文があったり

 

真似て描いてみた事もあった。

 

久し振りに作品集を見ると懐かしいイラストに心も温まる。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

 

娘から日動画廊主催の公募の要項が出来たとたくさん送られて来た。

 

知り合いにでも渡そうか。

 

 

 

 

台風が心配の都心だが娘の会社も銀座だし明日も出勤するらしく心配だ。

 

今まで台風で飛行機が飛ばず足止めくったり、暴風雨の中を車で縦断したり

 

何度か台風の恐怖の場にも遭遇したが、今回の道南行きはどうなるかな。

 

本州の皆さんも何もなきよう願いたいものです。

 

 

 

 

 

 

10月14日

 

12日から函館・恵山へ行っていたが函館で雨は降っていたが、

 

翌日は台風の影響もなく快晴の天気だった。

 

でもニュースで関東方面の水害の被害を見ていると心が痛む;

 

お見舞い申し上げます。早く復旧する事願います。

 

 

晴れてはいたが太平洋からの風はやはり強く、高波が続いていた。

 

函館から恵山までの漁港を隈なく巡り、海の向こうには青森県の大間や

 

恐山も見える。

 

恵山はまだ紅葉には早かったが、余りにも天気が良かったので急遽

 

思い立って恵山登山。

 

初めての恵山登山だったが、溶岩と噴気と絶景の異世界で面白い体験と

 

感動だった。

 

流石に疲れたが恵山岬のホテルの温泉に何度も浸かりのんびり宿泊。

 

 

最終日は南茅部を通り長万部、豊浦に寄り戻ったが、中山峠の下りで大渋滞;;

 

中山峠や豊平峡は紅葉見頃で連休最後だったからか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月15日

 

2日前に登って来た道南は恵山。恵山つつじ公園を上り海峡展望台を見て更に上へ。

 

今も活火山で噴気が立っており登山道を歩いていると硫黄の臭いがする。

 

登れば登るほど景色が様々に変わり山の上の賽の河原もあれば海を見渡す絶景も。

 

そして頂上に近づくほど地獄絵のような溶岩群。

 

 

 

まさに異次元の世界に入って行く感じがして不思議な場所でなかなか感動ものだった。

 

天気も快晴で最高だったが、台風の影響で海からは時々強風が吹き、

 

汗も引く肌寒さも。

 

 

登山コースも海向山A・Bコース、恵山展望台コース、岬眺望コース、

 

権現堂登山コースの4つあり楽しめるが権現堂登山コースがオススメです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月16日

 

函館市椴法華地区は恵山岬近くにある水無海浜温泉、

 

ここは海の中に湯船がある天然温泉。

 

夕方は満潮で高波もあり湯船も隠れていたが、翌日の朝に行ってみると干潮で湯船も

 

顔を出していた。

 

 

以前、夏に来た事もあるが海水浴がてらプールのように遊ぶ人も結構いたが、

 

肌寒い秋のこんな時期に入浴する人もほとんどいないが、

 

温泉を見にくる人はいるようだ。

 

 

近くにはホテル恵風の日帰り温泉もあるので、そちらに入って行くのだろう。

 

ホテルは活火山恵山の麓にあるので、ここの温泉はなかなかいい泉質です。

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストレーター佐藤正人の新しいホームページ

Masato Sato Illustpage

 https://illustpage-sato.jimdofree.com

 

イラスト散歩 in  Hokkaido

MASATO SATO ILLUSTPAGE

Masato Sato Facebook

masato Sato Instagram

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

at 21:58, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, 日記

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://illustpage.jugem.jp/trackback/1589