<< 第26回けんぶち絵本の里大賞授賞式&レセプション | main | いしかり散歩 >>

外山光男上映会

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

今週は外山光男アニメーション上映会「ほっぺた、まっかよ。」へ

 

行って来た。会場は札幌宮の森美術館。宮の森美術館までは歩いて5分。

 

 

 

 

まあ夜の散歩みたいなものだ。結婚式場の宮の森ミュージアムガーデン

 

にある札幌宮の森美術館。以前は同じ建物内にあったのだが、今は同じ

 

敷地内の裏に新しく建物が出来て、そこが美術館。

 

あ==写真がブレてしまった、、、。

 

 

 

 

でも近くにあり過ぎて新しい建物になってからは、中に入るのは初めてだった。

 

そして今日は外山さんの上映会が行われる。

 

 

 

 

 

会場は入口を入ってすぐのショップスペース。

 

 

 

 

 

会場も満席のようだ。でも会場のお客さんの9割は女性。外山さんの作品は

 

何度も見てはいるが、見る場所でまた印象も違うもの。

 

今日はこの空間での彼のアニメーションを楽しむとしよう。

 

珈琲とお菓子がサービス。今回の上映会では「弟の夢」「ぼくらの風」

 

「金星の夢」などなど約1時間を楽しんだ。そして上映後はトーク時間。

 

 

 

 

会場のファン達が彼にいろいろ質問する。制作秘話や近況やいろいろ。

 

最後には外山さんの夢を聞いたが、アニメーションではなく映画を作る

 

ことらしい。へ〜〜〜〜そうなんだ。どんな映画が出来るか楽しみにしたい

 

ものだ。

 

 

 

 

会場にはDVDやCD、エコバッグ、ポストカードも販売していた。

 

 

 

 

彼の作品の脚本、原画、映像、音声、音楽は全て自分で作っているからすごい。

 

彼の作品は全て彼の手作りの製作。だから彼独特の世界感が詰まっているのかも。

 

会場にはアニメーションに使われた原画も置いてあった。

 

 

 

 

 

この日は新しく出来たCDを買ってみた。静かな夜にでも聴くと似合いそうだ。

 

 

 

 

自分の絵が動くアニメーションは楽しそうだ。でも製作は大変なのだろう。

 

 

自分の絵本「ムーニャとほしのたね」も、以前うごく絵本シリーズ チルビーに

 

収録された。その製作現場であった、これまたご近所さんの宮の森スタジオ

 

で製作模様を見学したことがある。スクリーンに映るムーニャが動く。

 

これはなかなか感動ものだった。もうひとつの作品「ちいさなプレゼント」

 

もアニメ化されたが、これは結局収録にはならなかったので残念だったが、

 

その映像は貰えたので今では大事な宝物になっている。

 

 

今ではチルビーも新しいシリーズになって初期シリーズの「ムーニャとほしの

 

たね」は見れないが、UHBの「おはようのおはなし」では動く絵本では

 

ないが、ムーニャとほしのたねの朗読はyou tubeで見ることができる。

 

興味ある方はぜひ見てみてください。

 

 

uhb おはようのおはなし

 

ムーニャとほしにたね GYAO

 

ムーニャとほしのたね youtube

 

 

 

またどこかで彼の作品が見れる機会があれば行ってみよう。

 

今度は新作も見れるかな。

 

外山さんの作品はyoutubeでも見れるので、ぜひご覧ください!

 

外山光男作品 youtube

 

 

 

__________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

at 22:56, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, おでかけ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。