<< 旭川から剣淵町へ | main | 小金湯さくらの森の絵本 >>

定山渓温泉街の鯉のぼり

JUGEMテーマ:お出かけ


今日は定山渓へ春の名物、温泉街に泳ぐ鯉のぼりを見に行った。

丁度、29日には小金湯さくらの森がオープンするので、

桜の開花の様子も見て来た。

小金湯温泉の手前にある二美桜。ここも絵本「こうたの桜の森」にも

登場する場所。でも桜は全然咲いていないようだ、、、、、。







桜の向こうに見えるのは八剣山。頂上の岩場が恐竜の背中のような山だ。

その麓にある石釜焼きのパン屋あゆんぐと八剣ワイナリーにも寄ってみた。


定山渓温泉街入口にあるそば処鳥花雪。いつも目の前は通っていたが

中に入るのは初めてだ。1日50食限定の蕎屋さん。








メニューは豊富、いろいろな蕎がある。でもここの名物は野菜天ぷらそば!





早速、それを注文したが、出て来てびっくり!野菜の天ぷらのボリュームが

すごかった。でも、さくさくの天ぷらとしっかり歯ごたえのある蕎も

美味しかった。定山渓に来た時には、ぜひ寄ってみるといいだろう。








定山渓と言えば、あちらこちらにカッパの彫刻やモニュメントが設置されている。





温泉街の交番にもカッパがいる。





以前「いしかり散歩」でも取り上げた定山渓神社。






神社の境内や参道にも鯉のぼりが泳いでいる。





森の中の鯉のぼり。なんか不思議な感じ。





定山渓神社でお参りして、大地震の被害にあった熊本や九州の被災者の

方々の生活が一日も早く元通りに戻るように祈ってみた。






お参り後は温泉街へ。坂を下りると目の前には豊平川に架かる鯉のぼり。

色とりどりの鯉のぼりがたくさん、春風に吹かれて泳いでいた。




















やっと北海道にも遅い待ちに待った春が来たことを実感する、そんな

光景だ。最近は鯉のぼりを立てる場所も無く、街中では鯉のぼりを

みる機会もないのだが、ちょっと街中を外れると田舎や農家では

今もたくさんの鯉のぼりを飾っているところを見ることもある。

それでも年々その数は減っているのだろうな。



鯉のぼりを見ていると何となく元気にもなりそう。

せっかくのこどもの日やゴールデンウィークも関係なくなってしまった

熊本の被災地にも、この元気が届くといいのにな〜〜。


________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

  


 

at 22:54, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, おでかけ

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。