<< 世界ネコ歩きを見る我が家の猫 | main | 避妊手術後の猫のゆめ >>

伊藤正道さんの命日


JUGEMテーマ:日記・一般

今日はイラストレーターであり絵本作家だった、伊藤正道さんの命日でした。

伊藤さんと言えば北海道の人ならば、良く知っているはず。

お米のきらら397のパッケージイラストを担当して、きららちゃんの

キャラクターでお馴染みのはず。

今でも道内のお米を生産している場所へ行くと、看板があったり。








このイラストを見ると、はいはい良く知ってますと言う人も多いだろう。

北海道のお米はこのきらら397から始まり、道産米がどんどん美味しくなり、

今では”こしひかり”や”ささにしき”に並ぶ、美味しいお米の産地になったのだ。


そのきららちゃんの生みの親である伊藤さんが急に亡くなって、早4年が過ぎた。

自分が伊藤さんの絵を本格的に好きになったのが、1990年に出版された

「カヌーの旅」の絵本。






素敵な絵と素敵な文章、とても惹かれたのを今でも思い出します。

大事にし過ぎて今ではすっかり黄ばんでしまったが、今でも大事な絵本です。






その後、自分は北海道を中心にイラストレーターで活動していましたが、

自分が会長を務めていた北海道イラストレーターズクラブαの企画展で

ピースクリスマス展を始めて、道内外のイラストレータさんに声を掛けて

参加していただきました。



そして伊藤さんにもぜひ参加していただきたくて、お願いしたら心良く

承諾して頂き、それから毎回のように原画を東京から送っていただき

東京と札幌と離れてはいたけど、お付き合いが始まったのでした。



稲村ケ崎に移られて、素敵なアトリエでの様子も伺っていて、いつか

遊びに行きたいと思っていましたが、なかなか行く機会もなく時が

過ぎた時に、突然の伊藤さんの悲報を聞き、驚きと悲しみに包まれました。



でも去年の6月に鎌倉へ行き、稲村ケ崎の伊藤さんのアトリエ兼ギャラリーの

giogio factoryへ初めて訪れることが出来たのです、、、感激でした!






やっと長年の夢が叶いました。





伊藤さんはいませんが、その素敵な作品や過ごした場所を拝見できて

良かったし、伊藤さんみたいにとても癒される空間でした。






また、初めてお会いしたお姉さんとお兄さんにお会い出来て、アトリエも

見せて頂いたりで、本当に素敵なアトリエでしたし良い時間を過ごすことが

できました。お姉さん達にも感謝で一杯です。



命日の今日、心ばかりの感謝も込めてお花をお贈りしました。

伊藤さんも喜んでくれているだろうと思います。

今日は久しぶりに黄ばんでしまった「カヌーの旅」の絵本を

読んで、伊藤さんを忍びたいと思います。



そしていつか伊藤さんの個展を、札幌や北海道で開催すること。

早く実現できるようにがんばりたいな。

伊藤さんの原画を見て、北海道のみなさんも喜ぶことでしょう。






ぜひ稲村ケ崎へ行かれることがあれば、ぜひgiogio factoryへも行ってみて

ください。伊藤さんの原画展が年数回あるので、ぜひご覧ください。

伊藤さんのホームページを拝見してみてください。

そこには今も伊藤さんがいますよ^^



伊藤正道オフィシャルサイト



__________________________________________
北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

at 21:05, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, 日記

comments(1), trackbacks(0), - -

comment
misora, 2016/08/31 5:36 PM

はじめまして。
伊藤正道さんの絵の、むかし読んだ本を探していてこちらへ辿り着きました。
(とても気になっているのですが、どうしてもタイトルが思い出せないのです。)

この記事を書いてくださってありがとうございます。わたしは、子どもの時にきらら397できららちゃんに出会ってから、伊藤さんの絵にとっても親しみを感じてきました。

たった今 伊藤さんがすでに亡くなっていることを知って、とても、かなしい、さみしい気持ちでいっぱいです・・・
そして、伊藤さんの描いたイラストや笑顔などを見てやさしくあたたかい気持ちです。
ジオジオファクトリーというアトリエがあることや 今も私たちが行けることもつい先ほど知りました。

『カヌーの旅』、とってもすてきな絵本ですね。
載せていただいている写真だけですが、雰囲気や伊藤さんのつくる空気感がいっぱいに伝わってきます。
わたしも読んでみたいな と思いました。
北海道での伊藤さんの展示、ぜひ開いてください!
たくさん写真やいろいろなことを書いてくれて、ほんとうにありがとうございます!










trackback
url:http://illustpage.jugem.jp/trackback/1063