オーベルジュましけの創作料理

JUGEMテーマ:お出かけ


今日の夜は9時半頃、九州地方で大きな地震があり熊本辺りで

被害が出ているようですが、大事でなければいいですね。

九州はそんなに地震の多いイメージはないので、日本どこで

大きな地震があるのか分からないものですね。

北海道も地震は多い場所なので、地震の心構えをしておきたいものです。



で、今日は昨日の続きで泊まったオーベルジュましけの料理の紹介です。

夜6時に夕食を予約しておいたので、そろそろ1階レストランへ。

外を見ると、今日は天気も良かったので夕日もきれいに出ているようだ。








食事を用意された場所は、目の前に夕日が見える特等席。スタッフの

心使いに感謝です^^








もうオードブル、前菜もテーブルに置かれていたが、丁度夕日が海に沈む

きれいな時。食事も中断して、窓際へ写真を撮ることについ夢中になってしまった。








日本海の水平線にゆっくりときれいな丸い夕日が沈もうとしている。







空の赤みも増して、いい感じの夕焼けだ。






ここの目の前に国道が走っており、電信柱があるので、どうしても電線や

電柱が写真に入ってしまう、、、、、、、。








でも電柱がある方が、なんかいいかも、、、、。

水平線に隠れるほど、太陽が赤くなって行く。








日本海の夕日は取材で何度も見ているが、本当にきれいな夕日、夕焼けだ。

でもこれも天気次第なので、普段の行いが良いってことか^^

太陽も沈み、空もどんどん暗くなって行く。








陽が沈むゆっくりとした時間を過ごし、いよいよ食事に。






前菜には地元の甘エビやタコなどの刺身と、地元産の何かを使ったオードブル。

何を使った料理かは、料理を運んでもらったときに聞いたのだが、

すっかり忘れてしまった、、、、、、、。ですので、写真で想像してください。


今日は三國シェフ監修の創作料理のコースなので、普段飲まないお酒も

つい頼んでしまった。

グラスワインの白を一杯。約1年ぶりのお酒で、結構効き過ぎるかと

思ったが、以外とそうでもなかった。

でもお腹がじわ〜〜〜〜〜つと熱くなる感覚、、、、久しぶりに味わった。








料理は洋食、和食の和洋折衷の交互に出て来るようだ。

これはスズキを使った料理だが、、、、、他に何が入っていたかは不明、、、。

忘れてしまった、、、、、、;ので料理の細かい説明は省いて、写真で

味わってください。どれも美味しかったです。量も多くもなく少なくもなく

丁度いいくらいでした。















そして最後はデザートと珈琲で締め。






この日は宿泊客も自分以外もう一組。年配のおばあさん2人。

地元の知り合いとレストランで久しぶりの再会を喜んでいた。

2組しかいないので、ついついそっちの話しに聞き耳を立ててしまう、、、。


美味しい料理ときれいな夕日、ひとりディナーのちょっとした贅沢な

時間をゆっくりと過ごすことができて、良い時間に感謝。


食後はやることもないので、寝るまで3回くらい温泉に入り、

癒されました。この日は久しぶりのほろ酔い気分で、ぐっすり就寝。











ぐっすり眠れた翌朝、目覚めも快適。ただいつもなら朝風呂に入り、

食事前にすこしゆっくりと言いたいところだが、冬場は朝風呂は

やっていないとのことで、、、、残念だった、、、、、。


外の天気は曇りのようだ。でも昨日天気に恵まれたので、まあいいか。







顔も洗い身支度も済ませて、8時に朝食会場のレストランへ。

今日の宿泊客は2組と思っていたが、フロントの前を通るとロシア人の

おじさんたちが数名、玄関前にも数名、、、、へ〜〜泊まっていたんだ。

観光なのか仕事なのかは分からないが、雰囲気的には仕事のような???

玄関前で車を待っていて、車が到着して荷物を積んで、何故か歩いて

出て行った、、、、、。







昨日の夕食も取ったレストラン。中はこんな感じだったのだ。

ここは宿泊客以外にも、ランチやディナーなど一般に人も利用できる

レストランだ。








朝食は和食。でも朝から刺身もあるし、量とも味とも

たいへん美味しゅうございました。ごちそうさまでした^^








ホテルをチェックアウトしてホテル前の花壇には、福寿草が咲いていた。

春を訪れる花はいろいろある。ふきのとう、ミズバショウ、クロッカス、、、、。

でも自分としては福寿草の黄色の花を見ると、春が来たんだなと一番実感する。

北海道にもやっと遅い春がやって来ましたね。








ホテルに別れを告げて、海沿いの国道231号線を南下して札幌へ向かう。







帰りは時間に追われることもないし、札幌まではゆっくり走っても2時半程。

途中、気ままに立ち寄りながら、のんびりと帰宅。








しかしこの国道231号線、むかしは海沿いに走る道路もあったが、

落石や高波など頻繁に通行止めになることも多かったので、今では

ほとんどトンネンルや覆道の中を走る場所が多い。

しかもそのトンネンルが実に長い、、、、、。








ここの増毛から石狩までの海岸線は断崖絶壁だったり、奇岩などの多い

風光明媚な神秘的な海岸線。

海が見れないのは、実に残念だ、、、、、しかし安全のためには

仕方がないか、、、、。











岩尾にある日帰り入浴あったま〜る。時間も早かったのでまだ開いていない。

ここには夕日がきれいに見える岩尾温泉宿、夕日荘もある。

まだどちらも入ったことはないので、いつかは入ってみたいものだ。







ここら辺は日本海の本当小さな漁村。何十人くらいの集落だろう。

でもその光景は最高にいい感じ。古い木造の建物も多く、現役で使っている。

本当に絵になる場所です。



今は漁業もどんどんお年寄りが引退して、このような過疎地では

どんどん人口が減っているのが現状。

こんな光景もいつまで見れるのかな、、、、、、。










その後は海沿いに車を停めては写真、また走ってまた車を停めては写真の

繰り返し。



















そして雄冬を過ぎて、白銀の滝へ。






ここは以前、北海道新聞金曜日夕刊で連載していた「いしかり散歩」

でも取り上げたことがある場所。その時の記事がこれだ。








夏も良いが冬も氷の世界で神秘的な雰囲気なのだ。

しかしここ雄冬はその昔は回りは山と断崖絶壁で陸路がなくて、

陸の孤島と言われていて海からしか行けなかった。



その後は道路も出来たが、冬は特に日本海から吹く強風、暴風雪、落石などで、

道路もいつも通行止めになる。

そして今ではトンネンルの多い道路となって、通年でも行き来が出来る訳だ。




滝近くには目立つ「まむし注意」の看板!






北海道の海岸付近では、結構まむしが多いらしい。

海沿い取材していて時々見かけるのだが、いまだにまむしは見たことがない。

しかしまむしと言っても大きなヘビではないが、毒を持っているので

噛まれると大変だ、、、、。

海沿いの取材、時々道なき道を、薮の中など進むこともあるのだが、

噛まれないように気を付けないと、、、、、、。

みなさんも、海沿いへ行く時は気を付けてください。



九州の地震、いまだに余震が多く来ているようなので、

九州地方の方は、お気を付けください!



_________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!





 

at 22:28, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -

ほっかいどう食と観光情報館

 毎月、全道を取材旅行しているが、今年も続いている。今週は少しゆっくりしているが、

来週は講師をしている学校関係の卒業式続き。しかも祝勝会や記念パーティー関係も

入っており忙しくなりそう。しかも、週末はまたまた様似、浦河方面へ取材に行かないと

いけない。2年前も様似,浦河は冬に行ったがまだ、それなりに雪はあった。今年は

もう春めいた日もあるので、雪の心配はないだろうけど、なんせ遠い、、、、、。

せっかく行くのだから2年ぶりに春の襟裳岬にも行ってみたい。まあ、体力との相談

だが、ひとりの襟裳岬は寒く、寂しそう、、、、、。だれか一緒に行かないかな〜。


泊まるホテルや宿もまだ決めていない。前回浦河のアエルin浦河は温泉もあり、とても

良かったのでまた泊まってみようか。それとも様似のアポイ山荘も捨てがたい。

新冠のホテルレコードの湯もいいのだけど、ぎりぎりまで迷うそうだ。


とにかく天気が良いことを願いたいものだ。誰かさんと一緒だといいのだけどな〜。

ところで札幌駅西口にある「ほっかいどうさっぽろ食と観光情報館」。ここは道内の

いろいろな情報が分かる場所。全道の各市町村が発行している観光パンフレットも

置いてあり、とても重宝してる。何処かへ出張の時には必ず寄って、行く目的地近辺

の観光パンフレットをもらって調べる。


道内のお土産品もいろいろ置いてあるので、買い忘れの時なんかはいいかも。

最近は外国観光客も多い北海道なので、英語、韓国語、中国語の観光パンフレットも

置いてあります。


早速、様似、浦河、襟裳方面のパンフレットをゲット。下調べしておくかな。


_______________________________________

at 19:43, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -

日暮れ前のカフェの窓

 近くにあるカフェ、sato coffee。数回は入った事があるがお気に入りは窓際のカウンター。

丁度三叉路のカーブの一角に建っているので道路を行き交う車が見れるが、ここからの車の

見え方はひと味違って面白い。陽も大分長くなって来て、5時過ぎでもうっすら明るい。


カウンターの端の席が空いていた。そこに座り窓を見ると、気温差があるのか窓には

結露が。でもカメラから覗くと良い感じの光景が見えついついシャッターを。


空も暗くなる少し前、光の色と夜空の色がいい感じを醸し出している。



なんか絵になるね〜〜と一人で納得。他のお客さんも居たがおかまいなしで、でもそっと

シャッターを何度も切りました。

その間も陽はどんどん暮れ辺りはすっかり暗くなり、撮影終了。

この道も今度新聞で連載するコーナーに使えるな!そんなことを思いながら、美味しい

珈琲を飲みながらいろいろ構想を練っておりました。



______________________________________




at 17:55, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -

スケソウダラ漁を鹿部漁港で取材

 今日の夕方に鹿部から戻って来ました。取材も無事終了。今日は天気もまあまあ晴れ。

朝6時半に起きてカーテンを開けると目の前には駒ヶ岳がきれいに見えた。

温泉で朝風呂に入り、ホテルで朝食を済ませいざ鹿部漁港へ。


鹿部ロイヤルホテルからは車で約15分。港内へ行くともう水揚げ作業が始まっていた。

港へ次から次へとスケソウダラをたくさん積んだ漁船が戻って来る。


船内のスケソウダラを箱に詰め水揚げ。それをまとめた大きな木箱の中には穫れた

ばかりのスケソウダラが一杯詰まっている。


スケソウダラの生の姿を初めて見た、その姿は以外とグロテスク、、。メスのお腹には

卵が詰まっておりこれがたらこや明太子に加工される。


水揚げ作業が終わると、また沖へと漁船が戻って行く。


ここの漁港は駒ヶ岳が一望出来、景色は最高だった。


前浜の沖には漁をしているいろいろな漁船が多く見られる。天気が良いと水平線の

向こうには伊達や室蘭までもがきれいに見れる。


噴火湾は恵まれた漁場だ。数多くの種類の魚介類が豊富に獲れる場所だ。

取材後は行きと同じく長万部、伊達、室蘭、苫小牧経由で札幌に。なんやかんやと

7時間近く時間がかかっている。往復約600キロ。あ〜〜今夜はぐっすり眠れそう。

___________________________________

at 20:06, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -

教え子達のグループ展

 昨年は学校の教え子達の個展、グループ展が数多く開催された。卒業後もデザイン関係

の仕事や違う職種で社会人として、がんばっている姿を拝見出来るのは嬉しいものである。

学校で教えていた頃に比べると随分上手になった人もたくさんいる。時間のない中を

グループ展のため一生懸命描いてる姿を想像すると感心してしまう。がんばれがんばれ。


ここ数年各期の卒業生達がグループ展を精力的に企画している。お知らせを受けると

会場に足を運んでは、懐かしい顔ぶれに再会出来る楽しみもある。


昔と変わっていない人、すっかり大人になってきれいになっていたりとその変わりようも

見るのが楽しみである。街で偶然ばったり会う事もあるが、最近は顔は覚えているが、

なかなか名前が出てこない事もある、、、、年のせいだろうか、、、、;


みんなまだまだ半人前ではあるが、そのうち有名になる生徒もいるのかもしれない。


それもまた成長を見れる楽しみである。早く立派なイラストレーターになってくれよ^^


今年もいろいろなグループ展楽しみにしているよ〜〜


そんな教え子の一人で卒業制作も担当したことのある小林君が自分のホームページを

作ったようなので、お知らせしておきます。


リアル系のイラストが学生時代からも得意で、将来のイラストレーター有望格です。


今年のグループ展でもとても面白いいい作品を出していました。

一度ホームページもご覧下さい。いろいろな作品をご覧になれますよ。



_________________________________________

at 23:03, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -

美瑛の青い沼

 数年前初めて美瑛の青い沼を見に行った。テレビなどにも取り上げられて観光地として

今ではすっかり話題になったが、一度見てみたいと思っていた。旭川へ用事もあり、

その帰りに富良野経由で札幌へ戻る事に。その日は天気も良く清々しい空気だった。

白金温泉手前に青い沼の看板があった。観光客も多く、観光バスまで寄る今では立派な

観光地になってしまった。車を降りて沼までは徒歩で約15分。木立の隙間から少しずつ

その青い水面が見えて来た。お〜〜〜まさに感動的!その不思議な青さにビックリ!


空の青さが水面に反射され、青さが更に増している。沼を目にするなりみんな一斉に

カメラのシャッター音が鳴り響く。自分もすかさずカシャッ☆


水分に含まれる要素の関係で青くなっているらしい。しかし神秘的な光景。


見れば見る程、その青さに引きつけられる。


まるで南国の青い海、空のスカイブルー、バスクリンのようなその色に感激。

自然の面白さ、美しさを感じる時間でした。忘れる事の出来ない思い出の光景です。

その後、再び訪れた時は天気も悪く曇りだったので、沼の青さもかすかで

やはり晴天の時が最高に見れるようだした。


_______________________________________



at 16:11, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -

パッケージイラスト:美味しいよ

 ある日、段ボールの荷物がいっぱい届いて驚いてたら、

以前、パッケージイラストの仕事をした食品会社からの送りもの。

中を開けてみるとコーンフレークが何十個も、おやおや。


以前はプレーンのコーンフレーク、


今回はミルクココアの新商品。


日本食品製造合資会社で出してる”有機朝食シリアル•minna ni yuki”。

有機食品のコーンフレークです。店頭で並んだ時、熊さん同士が

話しをしているようなレイアウトでデザインしました。

左右側面や上下にも動物達が仲良くいて、お話の文章もつけた

ちょっとした絵本仕掛けのパッケージです。


店頭で見かけたら、ぜひ食べてみてください。

それにしても、家のコーンフレークの山はどうしよう•••ン。
________________________________

イラストのお問い合わせは以下まで
illust-m@illustpage.jp


at 20:06, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, お気に入り

comments(0), trackbacks(0), - -