知床第一ホテルに泊まる

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

 

今回の道東出張の2日目の宿泊は、知床はウトロにある

 

知床第一ホテルだった。知床第一ホテルはテレビのCMなども

 

やっているので知っている人も多いだろう。

 

ウトロ漁港近くのオロンコ岩の頂上から知床の山の方を

 

見ると小高い丘の上に建っているホテル。

 

 

 

 

 

山側に正面玄関があり、そちらから見るとこんな感じ。

 

 

 

 

知床へは4回来ているので今回はどこに泊まろうか悩んだが、ネットで

 

調べていると丁度、訳ありプランに知床第一ホテルがあった。

 

どんな訳があるのかは知らないが値段が10800円。しかも素泊まりでは

 

なくて2食付き。シーズンならお一人様宿泊は2、3万くらいするところ

 

このレーズナブルなお値段!!これを使わないことはないと予約をしたのだ。

 

 

知床第一ホテルは知床で一番大きな豪華ホテル。

 

玄関を入るとゴージャスな感じの造り。団体客も多く宿泊してるようだ。

 

建物は本館、西館、東館の3棟。部屋は西館の7階だった。

 

エレベーターを降りると広い廊下の空間。

 

 

 

 

 

部屋は711号室。部屋に入ると玄関前には石の壁が、、、。

 

 

 

 

 

玄関右手には洗面所と浴室がある。左手にはトイレが。

 

 

 

 

お〜〜〜〜今まで泊まったホテルにはなかった造りだ。部屋はツインの

 

広めの空間。畳もある。

 

 

 

 

 

 

レースのカーテンを開いて窓の眺めを見てみると、ウトロの街を見下ろす、

 

なかなかの景色。

 

 

 

 

しかも今は5時も過ぎて夕日が海に沈むところだ。ウトロの夕焼け!

 

 

 

 

早速、温泉に入ってみる事に。温泉はエレベーターで1階に降りて、

 

本館ラウンジを通り東館の1階奥。女湯は2階のようだ。

 

ラウンジやエントランスも広い贅沢な空間だ。ホテルはそれなりに混んでは

 

いたがラウンジを利用する人はほとんどいなかった。

 

 

 

 

 

 

 

さて温泉大浴場はどんな感じだろうか。

 

 

 

 

湯船がいくつもある結構広い空間。登別の第一滝本ホテルとは言わない

 

までも、大きい大浴場だった。お湯は無色透明。

 

 

 

 

 

 

露天風呂は少し小振りだが、ここのお湯は薄い茶褐色。温泉らしい色味。

 

大浴場のお湯はろ過しているようだ。それで無色透明。

 

 

 

 

 

取材も終了して疲れも温泉で癒される。極楽極楽^^

 

 

 

 

温泉に入ったあとは夕食だ。1階のレストランマルスコイでのバイキング。

 

CMで見た事はあったがこれか。大きな船が邪魔なくらいにドーンと。

 

 

 

 

 

 

一人なので端のテーブルにして料理を取りに行く。メニューは豊富で

 

ついつい取り過ぎる、、、、;普段はそんなに量はたべないのに

 

あれもこれもと取っていたらこんなにも、、、、、。しかもこの後に

 

フルーツやデザートもしっかり取って来てしまった、、、締めは珈琲。

 

 

 

 

料理は確かに美味しかったが、、、、食べ過ぎて苦しい;;;;;;

 

お腹が張ち切れそうにキツイし、、、苦しい、、、、;美味しさが

 

逆に半減してしまった。

 

だからバイキングは、、、嫌だ。まあ取り過ぎる自分が悪いのだが。

 

 

夜8時からはロビーコンサートがありピアノとボーカルのペア。

 

東京から来ている人達のようだ。

 

でも唄っているこの男性の声、テレビでも聴いた事があるかも。

 

名前は聞いたが忘れてしまった、、、、誰だっけ???

 

 

 

 

 

その後は2回お風呂に入りお腹を休める事のして就寝。

 

朝起きてカーテンを開けると今日も天気は良いようだ。

 

 

 

 

左手には東館が見えて緑の屋根の2階建ての部分が大浴場だ。

 

 

 

 

朝食は2階のレストランで。昨日の夜は食べ過ぎたので朝はパン食に。

 

サラダとフルーツを多めにしたが、思った以上にお腹いっぱい、、、。

 

 

 

 

 

相変わらず人気の無いラウンジ。

 

 

 

 

 

でも知床も満喫出来て楽しい知床旅行だった。そしてチェックアウト。

 

 

 

 

丁度西館側の道路から撮ってみる。手前西館の7階、円形の角から

 

窓左3つ目が部屋だった。でも今回の訳ありプラン、一体どんな

 

訳ありで安かったのか、、、、よく分からない。

 

西館の新しい設備で部屋も広くそれなりに豪華。

 

ひとりプチ贅沢旅行って感じかな。

 

そしてこのあと札幌へ直帰したのでした。

 

 

 

 

 

____________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

at 22:24, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

天都の湯ドーミーイン網走に宿泊

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

今回も取材は2泊3日。1日目に宿泊したのは天都の湯ドーミーイン

 

網走だ。網走の街中にありJR駅からは徒歩10分ほど。

 

網走川沿いにあり利便性は良い場所に建っている。

 

 

 

 

まだ出来て数年と言ったところで新しい。駐車場完備で600円。

 

宿泊代は朝食付きで7890円。今回はポイントも使用したので

 

もう少し安くは泊まれた。でも2食付きで1万円以内で網走湖近くの

 

観光用ホテルも泊まれるので複数人で泊まるならそちらがいいかも。

 

ここはやはりビジネス用のシングルの宿泊が多いようだ。

 

場所にも依るがこのホテルは禁煙、、、。喫煙室が1、3、6、9階に

 

ありそこでタバコは吸う。まあちょっとの我慢、、、、。

 

 

 

 

 

部屋はダブルだがほとんどシングルと同じスペースだろう。部屋の雰囲気は

 

焦げ茶の家具でどこのドーミーインとも同じ雰囲気だ。

 

 

 

 

 

窓からはこんな景色。目の前に見えるのが網走川だ。

 

 

 

 

サロマ湖や能取岬も回ったので到着は5時頃。早速温泉でも入ってみるか。

 

 

 

 

 

どこのドーミーインホテルも天然温泉が付いているのが人気の理由だろう。

 

自分も大浴場のないビジネスホテルには泊まらず、いつもここのような

 

大浴場のあるホテルを利用する。旅の疲れを癒すにはやっぱり温泉。

 

部屋のユニットバスを使う気にはならない。

 

 

 

 

 

 

湯船はふたつ、奥の小さいのは水風呂だ。そして露天風呂。

 

ドーミーインホテルのお風呂は照明も少し暗めで落ち着いて入れる。

 

しかも大浴場は最上階にあり露天風呂も付いている。

 

 

 

 

まあ露天風呂と言っても温泉地のホテルの露天風呂とは違い小振りだが、

 

あるだけ嬉しいものだ。ここからは網走の街が見下ろせる。

 

 

 

 

 

 

やっぱり温泉は最高!!極楽極楽^^

 

 

 

 

風呂に入ってから少し休みそれから夕食を取りに外出したが、いつも

 

網走に来た時に食べに行くレストランホワイトハウスが休みだった、、、。

 

当てが外れて街中を彷徨っても居酒屋以外に夕食を食べるような店が無い。

 

しかもほとんどがシャッターを下ろしている、、、、。

 

 

仕方がないので結局ホテル前のコンビニと橋を渡ったところにある

 

スーパーで弁当などを買って部屋で食べる事に。

 

橋を渡ると今日は満月のようだ。宿泊ホテルと満月。

 

 

 

 

朝の窓からの風景はこんな感じ。今日は雲ひとつない秋晴れだ!

 

 

 

 

目が覚めて最初の行動が朝風呂。毎回チェックイン後に1回、夕食後に

 

1回、寝る前に1回、そして翌日の朝風呂といつもどこでも4回は

 

温泉に入ってしまう。

 

 

 

 

 

 

露天風呂には昨日はなかったゆずが入っていた。へ〜〜こんなこともするんだ。

 

 

 

 

露天風呂からの景色はこんな感じ。昨日の夜は暗くて分からなかったが

 

街の向こうにはオホーツクの海が見える。

 

 

 

 

 

朝食は2階にあるレストランで朝食バイキング。このバイキングは

 

自分にとってはくせ者だ。普段は食事の量も少なく、野菜中心。

 

でもバイキングだとついつい取ってしまう習性が、、、、;

 

普段は朝食はパン食だが、何故か旅に出るとご飯食に??

 

 

 

 

 

このバイキングで次の日の知床の宿泊先知床第一ホテルで辛い思いを、、、。

 

それはまた違う日にアップしよう。

 

天然温泉天都の湯ドーミーイン網走での宿泊模様でした。

 

 

 

_______________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 23:03, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

秋深しオホーツク巡り

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

 

木曜日からマリンバンク広報紙の取材で道東はオホーツク方面へ

 

行って来ました。ここ数日で紅葉も進み、すっかり秋が深まり

 

道東も紅葉がきれいな場所もありました。

 

 

今回は旭川紋別自動車道を通り遠軽町の太陽の丘えんがる公園の

 

コスモス園のコスモスを見た。ここへは何度も来ているが、

 

コスモスが咲いている時期は初めて。白やピンク、オレンジのコスモスが

 

とても見頃を迎えてました。

 

 

 

 

 

 

その後はサロマ湖、能取湖を通り網走へ向かった。

 

サロマ湖、能取湖で秋と言えばサンゴ草。でも時期的にもう終わりの

 

時期かなと思ったが、丁度通り道なのでサロマ湖の鶴沼原生花園、

 

キムアネップ岬群生地、ワッカ原生花園、卯原内群生地とサンゴ草巡り。

 

 

鶴沼原生花園のサンゴ草は多くはないが、まだ赤さもありなかなかきれい。

 

 

 

 

キムアネップ岬群生地はほとんど茶色に枯れていた。

 

 

 

ワッカ原生花園のサンゴ草は丁度陽射しもあり、最高に赤くきれいだった。

 

なかなか見応えのあるサンゴ草でした!

 

 

 

一番広い日本最大のサンゴ草群生地である能取湖の卯原内群生地。

 

赤みはかなりなくなり全体的に赤茶、もうちょっと早いときれいだったかも。

 

 

 

 

同じサンゴ草でも場所により赤く染まるピークは微妙に違うようだ。

 

そしてせっかく能取湖へ来たので予定になかった能取岬へ行ってみる事に。

 

丁度陽も暮れかかりいい感じの景色が広がる。能取岬へは何度か来ているが

 

夕暮れ時に来たのは初めて。サロマ湖方面に夕日が沈もうとしていた。

 

 

 

 

 

 

 

1日目は網走に宿泊。翌日は朝から雲ひとつない秋晴れ!!

 

網走を出て小清水原生花園に寄って、途中のJR駅を巡り目的地の斜里町へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の表紙イラストにどこを描こうか海岸線を回る。以久科原原生花園の

 

海岸からは知床連山が見渡せる。この時期は海岸には多くの秋鮭釣りの

 

人達がたくさん来ていた。でも今年の秋シャケ漁は不漁。獲れてるのかな?

 

 

 

 

 

青空の下、斜里岳の姿もくっきりと見えているが、斜里岳もいつ見ても

 

きれいな山だ。羊蹄山、利尻山、駒ヶ岳など北海道の好きな山のひとつ。

 

 

 

 

斜里のあとは2日目の宿泊地知床のウトロへ。知床に来たらやはり

 

行かない訳にはいかない知床五湖。前日降った雪もほとんど融けていた。

 

秋の知床連山もとてもよかった!

 

 

 

 

 

五湖の次は知床峠へ。天気も良いので羅臼側には国後島がくっきり見える。

 

こんなにはっきり見えたのは初めて。あらためて見ると近いし長い島。

 

 

 

 

 

峠を下り天然の無料露天風呂熊の湯へ来たが、あまりの熱さに入るのは

 

止めた、、、。ここで引き返しウトロに戻る。

 

 

 

 

そろそろ陽も傾き始めたのでオロンコ岩に登って夕日でも見てみよう。

 

前回ここからの絶景に感動したが、秋の頂上からの景色もなかなか良い。

 

 

 

 

 

ホテルにチェックインして窓の外を見ると目の前にはウトロの街を

 

見下ろす景色。しかも部屋からゆっくり沈む夕焼けも見る事が出来た。

 

 

 

 

秋深まる知床やオホーツクの景色と出会えて、今回の取材も良い旅が

 

出来て満足。最終日はウトロから北見経由で札幌へ。やっぱり長距離

 

ドライブで疲れたが、いい景色の出会いで疲れも半減しそうだ。

 

またゆっくりとその模様をアップして行きたいが、最近はすっかり

 

ブログを書く事も忙しくなかなか出来なかったのでどうなるやら。

 

今日はゆっくり休むかな。

 

 

_______________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

at 22:55, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

明日から網走•斜里•知床方面へ

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

明日からは網走、斜里、知床方面へ取材旅行だ。天気は

 

まあまあのようだが、知床方面はきっとすっかり寒くなっているの

 

だろうな、、、、。

 

網走、知床は何度目だろうか?今回で4回目くらい。

 

でも今回の目的地は斜里。でも以外と斜里はいつもは素通りで

 

ゆっくり見た事が無い。斜里漁港へも行っているはずなのだが

 

写真もほとんどない、、、、。

 

 

もう紅葉も始まっているだろうから、秋の知床を楽しんで来ます。

 

でもちょっとドライブはきついかな、、、、。

 

では、行って来ま〜〜〜す!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_______________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

at 22:30, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

稚内、礼文島巡り

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

お盆もお墓参りなどを済ませてゆっくりとしたかったが、そうも行かず

 

15日のワークショップの準備やカレンダーの仕事の取材など

 

やることが山ほどあり、、、、、ブログもゆっくりと書く時間も

 

あまりないので、取りあえず先週行った稚内、礼文島の写真だけでも

 

アップして取材の雰囲気を味わってもらえれば。

 

 

 

これは天塩町の天塩川資料館。レンガ造りのなかなか立派な建物でした。

 

 

 

 

 

 

 

稚内ではフェリーの時間までのプチ観光。

 

 

 

 

 

 

礼文島は天気も良くて、初めての桃岩展望台から元地灯台、知床経由で

 

フェリー乗り場まで約3時間のトレッキングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして夕食は香深漁協直営の「海鮮処かふか」でホッケのチャンチャン焼きと

 

生ウニのセット。ウニはやっぱり美味しかった!!!!

 

 

 

 

 

 

と言うような感じで礼文島取材は終わった。時間も無く説明の文章が

 

なくすいません、、、、。

 

でも写真で夏の礼文島を味わってもらえれば。

 

 

 

さてとまたまた仕事に取りかかるか、、、、、。

 

 

________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

at 18:23, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

礼文島でトレッキング

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

6日から出かけていた3泊4日の取材旅行も無事終了。

 

長距離で疲れましたが、とても充実した旅行でした。

 

礼文島では晴天に恵まれ、予定にないトレッキングまでして

 

きたけど、最高の景色に出会える最高の時間が過ごせました。

 

詳しくはまた後日書くとしてして、こんな景色に出会えました。

 

 

 

何も無いサロベツ原野のオロロンライン。この道は大好きな道。

 

いつ走ってもまさに北海道を実感する道路です!

 

 

 

 

 

 

礼文島では桃岩展望台から3時間のトレッキング。初めての経験だが、

 

やってよかった!そんな景色ばかりに出会えました。

 

 

 

 

 

 

ホテルの窓からは目の前に利尻山が見える海側。しかもこの日は

 

満月でした。利尻山と満月、絵になります。

 

写真では撮れなかったけど、日が暮れると夜は満月の月明かりが

 

海に輝き、これまた幻想的でした。

 

 

 

 

 

やっぱり礼文島はいいな、また行きたくなります。

 

今度は、、、、、、、。

 

 

 

さすがに今日は疲れたので早く寝るかな。礼文島の取材日記も

 

お楽しみに。

 

 

________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

 

 

at 23:53, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

厚岸、落石、阿寒へ

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

今日、道東は厚岸、落石、阿寒方面から無事戻って来た。

 

分かってはいるが、やはり道東は遠い、、、、、疲れた;

 

日勝峠もまだ開通していないので、行き帰りは道東自動車道を

 

走っては来たが、それでも遠い、、、、;

 

でもそんな遠い道東でも景色だけは感動させる景色に出会える。

 

 

今回は天候はあまり良くなく曇り、しかも雲が低かったり

 

海岸では霧も。厚岸より先は霧多布などまさにその名の如く、

 

霧だった、、、、。

 

 

でもそんな中、愛冠岬は何度見てもきれいだった。

 

 

 

 

 

そして今回やっと見ることが出来た夫婦岩。

 

 

 

 

 

更に感動的な素晴らしい景色だった原生花園あやめヶ原。

 

 

 

 

そして何度も行ってはいたが、今回初めて乗ってみた阿寒湖の遊覧船。

 

それが以外と期待以上に面白かった。深い森と深い緑の湖水が印象的。

 

 

 

 

そして阿寒湖のチュウルイ島にあるマリモ展示観察センターの天然マリモ。

 

 

 

 

やっぱり道東の自然は原始の姿を残して雄大さが違う。

 

今日は詳しく書く元気もないので、明日からその模様でも書こうかな。

 

今日は早く寝よっと、、、。

 

 

 

______________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

at 19:52, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

新ひだか町へ

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

気が付けば最近は、すっかりブログを書く事がご無沙汰に

 

なってしまっていた。出張続きと言う訳ではなくて、9月の

 

展覧会に向けて本格的に新作の作品を描かなくてはいけないので

 

6月に入ってから集中して描いていた。

 

 

目標は1日1枚。用事のない時は籠って1日3枚も描いた日もあった。

 

今日は13日だが、今日まで14枚描いた。これは良いペース。

 

描き始めると乗ってしまって描きたい風景がたくさんある。

 

今日は小休止で久しぶりにブロブを書くことに。

 

 

ネタは先週に行って来た様似取材旅行の様子を書こう。

 

 

6月3日は大学のオープンキャンパスの講師の手伝いがあったので、

 

2時半まで高校生にイラストを教えて終了後、日高へと

 

向かったのだった。最近は日も長くなったので7時くらいまで

 

明るいので、取材へ行くのも多少遅くなってもまだ明るいので

 

楽だ。高速を使って北広島から日高門別へ。日高自動車道を

 

降りてからは普通道を進むが、今日は朝から天気が悪い。

 

日高も雨模様、、、、。まあ、今日は新ひだか町の宿泊なので

 

取材は明日の予定。今日はどこも寄らずにひたすら走り、

 

静内駅に到着だ。

 

 

 

 

 

日高線は今だに不通でバス代行運転が続いている。このまま廃線に

 

なってしまうのかな。

 

今日の宿泊先はホテルサトウ。静内駅から歩いて数分の場所にある。

 

家庭的なビジネスホテルと言った感じだ。

 

 

 

 

 

いつもなら新冠町のレ•コードの湯ホテルヒルズか浦河のうらかわ優駿

 

ビレッジアエルに泊まるのだが、たまには違うところに泊まってみようと

 

思って、大浴場付きのこのホテルにしてみたのだ。

 

部屋は3階の端の部屋。部屋は一般的なビジネスホテルのシングル。

 

 

 

 

 

 

窓の外は眺望も良くはないが、まあ3階なのでこんなものか。

 

 

 

 

 

今日はもう出かける用事もないので、早速大浴場に入ってみようか。

 

ここは天然温泉ではないが、光明石温泉。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中は湯船がひとつ。3人が入ればいっぱいと言った感じだろうか。

 

 

 

 

 

 

所謂家族風呂的な大浴場だが、ひとりで浸かるには充分な広さ。

 

今日はオープンキャンパス疲れたし、天気も悪い中のドライブ。

 

夜はのんびりと早めに寝るとするか。あ〜〜極楽極楽^^

 

 

 

 

夕食は近くの牛丼で済ませて、早めの就寝、、、。

 

 

 

 

朝起きると、やはり今日も天気は悪い。暗い雲が空を覆っている。

 

様似に着く頃には晴れてくれると良いのだが、今日は一に雨模様の

 

天気予報だ、、、、まあ、仕方がない。

 

 

8時には朝食会場の1階のロビー横のレストランへ。

 

 

 

 

 

 

 

朝食のメニューも一般的な料理が並ぶ。

 

 

 

 

宿泊客の多くは仕事関係者が多いようだ。それでも観光客らしい人も

 

数名はいた。でもここは料金が安くリーズナブルなので気安く泊まれる。

 

 

ホテルをチェックアウトしてからは、雨の中を様似へ向かう。

 

 

 

 

 

新ひだか町にある、以前から行ってみたかったシャクシャイン記念館の

 

ある真歌公園へ寄ってみた。

 

 

 

 

この時期日高方面では八重桜が丁度満開だ。

 

 

 

 

公園内にある「新ひだかアイヌ民族資料館」。

 

 

 

 

アイヌ関係の資料館は札幌、白老、阿寒、二風谷などいろいろあるが、

 

ここは規模は小さい。丁度、三重から来ていたおじいさんが館長さんと

 

いろいろ話しをしていた。わざわざ来たのに生憎の雨で可哀想に、、、。

 

 

 

 

アイヌ犬、北海道犬の剥製が展示されていた。ソフトバンクのお父さんだ。

 

北海道犬の剥製は初めて見た。

 

 

 

 

 

外にはアイヌ野草園がある。

 

 

 

 

 

 

資料館の隣はシャクシャイン記念館がある。松浦武四郎の記念碑もある。

 

 

 

 

 

 

 

中には入らないで広場へ行ってみると、ツツジが満開できれいだった。

 

 

 

 

 

 

その中にシャクシャインの像が立っている。なかなか勇敢な勇姿。

 

 

 

 

その奥には城跡があるようだ。シャクシャイン城址。

 

 

 

 

 

 

アイヌの城とはどんな造りだったのか。ここは高台なので町を見下ろす

 

場所に建っていて、見晴らしは良いようだ。

 

 

 

 

 

公園内には乗馬場もあった。今日は雨なので馬達は出ていないようだ。

 

 

 

 

そして新ひだか町を後にして浦河を通り、様似町へ向かった。

 

 

 

 

様似町の模様はまた別の日に。また日にちが開かないように書こうかな。

 

 

 

_________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

at 23:41, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

日高、様似方面へ

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

今月のマリンバンクの取材は日高、様似方面へ出かけた。

 

6月3日に出発して5日には戻って来たが、3日とも

 

曇りや小雨、霧と天候には恵まれなかった。

 

最終日に札幌方面に近づいてやっと晴れていたくらいだ。

 

 

新ひだか町のシャクシャイン記念館や三石の円昌寺では

 

ツツジが満開だった。

 

 

 

 

 

 

そしてこの時期まだ日高地方では八重桜が咲いていたのだった。

 

 

 

 

そして日高地方と言えば馬産地。馬牧場がたくさんあるが、そこでは

 

新緑の牧草地を元気に親子で駆ける姿が見られる。

 

子馬がたくさん生まれて、見ているだけで微笑ましくなる光景だった。

 

 

 

 

 

 

様似町ではエンルム岬に登ったが、生憎の天気、、、でも景色は絶景だ。

 

 

 

 

 

 

そして様似町はアポイ岳ジオパークの町。様似町のあちらこちらで

 

面白い地質が見られる場所だ。

 

 

 

 

最終日には平取町に寄り、初めて平取町芽生すずらん群生地に行ってみた。

 

丁度5月中旬から6月中旬の1ヶ月だけ開放され、今が丁度満開だった。

 

 

 

 

 

すずらんは背丈が低いので背の高い草などで最初は分かりづらいが、

 

屈んで見てみると白い小さな花が鈴なりに咲いている。

 

甘い香りが辺りいっぱいに広がり、見れて良かった。

 

 

 

 

 

詳しくはまた明日からアップして行こうかな。では、お楽しみに。

 

 

 

__________________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

at 23:08, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -

雨宮21号蒸気機関車と山彦の滝

JUGEMテーマ:お出かけ

 

 

先日のブログの続きで遠軽町の太陽の丘まで行き、虹の広場から

 

芝桜の丘へ行ってみた。以前もこの時期に来た事はあるのだが、

 

この斜面はすっかり終わり、北側の芝桜が咲いただけだった。

 

見てみると斜面には一面ピンクのジュータンが。

 

 

 

 

 

滝上公園や東藻琴芝桜公園に比べると規模は小さいが、でも無料で

 

見れるし結構きれいで充分だ。

 

 

 

 

 

 

チューリップも天気も良くて満開だ。

 

 

 

 

芝桜畑の中には散策路もあり、中を歩きながら見ることも出来る。この日は

 

天気も良かったので、カップルや親子連れ、アジアの観光客も来ていた。

 

 

 

 

芝桜の丘も良いのだが、そこから見る向こうに広がっている丘陵の景色も

 

なかなかきれいで良いのだ。

 

 

 

 

 

芝桜も濃いピンクや薄いピンク、白など微妙に色が違う。

 

 

 

 

 

太陽の丘の芝桜を満喫し終えた後は遠軽駅に行ってみる。そしてその途中に

 

ある遠軽町の町のシンボル、がんぼう岩。ここの頂上まで登った事も

 

あるが、頂上は柵も無いちょっと恐ろしいところ、、、、。

 

自殺の名所だったとかも、、、聞いた湖もあるが、、、、、?

 

 

 

 

 

石北本線のJR遠軽駅。名寄線も廃止となり、今では北海道では珍しい

 

スイッチバックの駅だ。

 

 

 

 

 

 

遠軽町を後にして丸瀬布に入る。これは丸瀬布神社。

 

 

 

 

ここでもJR丸瀬布駅に寄ってみる。

 

 

 

 

 

駅の建物は立派だが駅は右端。丸瀬布生涯学習館の中にあり、図書館や

 

託児所などもある。丁度列車もやって来た。これはシャッターチャンス!

 

遠軽駅から来て旭川方面へ向かう特急かな。

 

 

 

 

 

 

山に向かってマウレ山荘方面へ向かう。

 

 

 

 

 

いこいの森では数少ない桜も満開だ。

 

 

 

 

 

ここ森林公園いこいの森には雨宮21号蒸気機関車が今も現役で観光用に

 

走っているのだ。昭和3年に制作されて丸瀬布、武利意森林鉄道として

 

木材運搬用に実際に使用されていたもので、それが保存されて今も走っている。

 

全国でも森林鉄道蒸気機関車が走っているのは、ここだけだ。

 

 

 

 

 

 

30分おきに公園内を一周する。この日乗っていたのはおじさん数名。

 

線路沿いには車両庫もあり、昔の汽車や電車が展示してある。

 

 

 

 

燃料は石炭ではなく、森林鉄道なのでやはり薪のようだ。

 

 

 

 

 

 

 

そしてその向こうにはおじさんの団体が、、、、、。どうやら鉄男の

 

おじさん集団らしく雨宮号を撮影に来ているようだ。しかし、妙に

 

はしゃいでいるおじさん集団、、、、、、、幸せそうだ、、、。

 

 

 

 

 

カメラを構える鉄男少年もいるようだ。

 

 

 

 

鉄男おじさん集団の仲間と思われるのもなんなんで、側から離れる;;

 

 

 

 

でもやっぱりシャッターを下ろしてしまう、プチ鉄男おじさん、、、、。

 

 

 

 

ここには川の向こうに橋を渡った場所にオートキャンプ場がある。

 

 

 

 

 

しかし川岸を見ると護岸が壊れている。以前見た時には親水広場になっていて

 

流れもこんなに急ではなかったような、、、、。

 

どうやら昨年夏の台風上陸で大きな被害があったようだ。南富良野や日高で

 

被害の大きかったあの台風だろう。その時の様子がこれだ。

 

 

 

 

 

 

今は工事中であるので、夏のキャンプ時期に向けて完成を目指しているのだろう。

 

 

 

 

 

道路の向こうには昆虫生態館や日帰り温泉の丸瀬布温泉やまびこがある。

 

まだ入ったことはないのだが、どんな感じだろうか、今度来た時には

 

入ってみようかな。

 

 

 

 

 

それからはこの日の宿泊先マウレ山荘へ直行しようと思っていたが、

 

マウレ山荘から15キロ行ったところに山彦の滝があり、そこが

 

滝の裏へも回る事ができて良い場所だと話しも聞いたので

 

今日の天気の良いときに行ってみる事に。

 

まあホテルに入っても今日はする事もないので、丁度良いか。

 

 

川沿いを進むと駐車場があった。どうやらここだ。

 

 

 

 

だれもおらず、しかも薄らと暗い山道。しかも熊注意の看板も。

 

確かに、、、、、熊が出そうな山奥の小径だ、、、、。

 

 

 

 

滝まで200mとの看板もあるので、そんなに遠い距離でもない。

 

まあ熊が出た時は出たで、どうにかなるだろう、、、、。

 

山道の途中には祠と鳥居もあった。

 

 

 

 

 

道は登りで結構倒木も多く道も荒れている。直さら熊が出そうな雰囲気、、、。

 

沢沿いの道を進むと大きな岩の断崖が見えて来た。

 

 

 

 

お〜〜〜〜〜これが、山彦の滝か!!!!

 

 

 

 

 

側に行くと水しぶきが霧のように吹いている。しかし深い滝壺のような

 

ものはなくて、滝の下には岩肌が見えている。

 

 

 

 

 

そして滝の奥には空洞がある。確かに滝の裏まで行けるようだ。

 

 

 

 

下った滝の下まで行ってみる。しかし裏には供え物や小さな鳥居や祠なども

 

あり、な〜〜〜〜〜んか、、、、、、、不気味な雰囲気;

 

 

 

 

せっかく来たのだし霊感はないので、気にしな気にしないで、裏に回った。

 

お〜〜〜〜なかなかの光景!滝を裏から見たのは初めてかも。

 

 

 

 

 

 

 

滝裏には細かい霧のような滝の水のシャワー。デジカメが濡れないように

 

気を付けないと、と思いながらもマイナスイオンで気持ちが良い。

 

もっと回りを探索してみたい気もあったが、濡れてしまうし長居もせず

 

来た道を引き返した。

 

 

 

 

 

あとで知ったのだが、この滝の左手に細道がありそこを登って500m程

 

行くと鹿鳴の滝があったらしい。でも道は相当荒れているらしく

 

まあ行かないで正解だったかも。熊もいたかもしれないし、、、、。

 

 

 

 

 

道端にはオオバナノエンレンソウが咲いていた。

 

 

 

 

ちょっと恐怖との背中合わせだったが、山彦の滝はなかなか良かった。

 

冬には水が凍って氷柱が出来るらしく、その裏も見れるらしい。

 

冬なら熊も冬眠しているので、熊に会う事もないのでいいかな。

 

思わぬ出会いだった秘境のスポットだ。

 

 

ここから先は車道は通行止め。

 

 

 

 

よし良いものも見たので、ホテルへと向かうか。

 

 

 

 

ここの道路沿いは川が流れているが、下のいこいの森と一緒で川岸は

 

昨年の台風被害の爪痕が残っているようだ。

 

 

 

 

そして丸瀬布温泉の小さな村に流れる川も以前はもっと流れが

 

弱かったが、今は結構な激流だ。

 

まあ雪解け水で水量は多くなっているのもあるのだろうが、川岸が

 

広くなって流れも急になったのだろう。

 

 

 

 

 

と言うことで、この後にはマウレ山荘へ到着した。

 

マウレ山荘の模様はまた別の日に。

 

 

 

_______________________________

北海道札幌市在住イラストレーター 佐藤正人

MASATO SATO ILLUSTPAGE

イラスト教室アートサークルM開講中!随時生徒募集中!

絵本•紙芝居•カレンダーイラスト•北海道風景画•ルポイラストなど
広告、出版のイラストを製作中。コラムなども書いてます。
イラスト制作の発注はお気軽にご相談ください!

 

 

 

at 23:22, 佐藤正人 illust-m@illustpage.jp, ぶらり旅

comments(0), trackbacks(0), - -